消費者金融審査在籍確認は必ずあるの?

キャッシングの審査と切っても切れない関係なのが在籍確認ですね。在籍確認は、申込書に記載された勤務先に、申込者がほんとうに勤めているのかを実際にキャッシング会社が勤務先に電話をして確認するという結構古典的な方法で今も尚行われています。

もちろん、確認の電話の際には利用者のプライバシーは守られますので、電話もキャッシング会社名などは一切出さずに個人名でかかってきますし、本人がもし不在だとしても「○○はただいま外出しております」という言葉が聞ければその人がそこに在籍しているということはわかりますから、これだけで在籍確認は完了しますので、同僚にバレる心配はそう高くはありません。が、やっぱりそれとわかっていても出来れば避けたいものですよね。消費者金融審査在籍確認は必ず避けられないものなんでしょうか?

アコムやプロミスなど一部のキャッシング会社では申込書に電話NGの旨を記載すると在籍確認の電話をかけずに書類など別の方法での確認に替えてもらうことが可能らしいという話もありますが、基本的には在籍確認はやはり電話で行われるようですね。電話での在籍確認はその人の返済能力を判断する上でも重要な要素でもありますので、ほとんどのキャッシング会社ではやはり必ず行われているようです。

ただし、公式サイトで「電話なし」を宣言しているキャッシング会社もあります。それがモビットです。モビットは申し込み方法にWEB完結という全ての手続きがWEB上だけで完結するというシステムを提供しているのですが、在籍確認は在籍が確認できる直近の給与明細など書類に替えられていて、電話なし郵送物なしというのを売りにしています。どうしても在籍確認を避けたいという方は、モビットを利用してみてはいかがでしょうか。

主婦におすすめのローンとは?

主婦の方のローンは、会社などに勤務している方、アルバイト、パートの方、専業主婦の方で借り入れできる先が違ってくる場合もあります。消費者金融での借り入れは、貸金業法の改正によって借り入れできる人とできなくなってしまった人がいます。

消費者金融では、年収の3分の1以上は借り入れできません。これは、何社か複数の消費者金融での借り入れがある場合は、その合計が年収の3分の1を超えてはいけません。これによって、年収がないという立場である専業主婦の方は、消費者金融から借り入れできなくなってしまっています。

専業主婦の方がそれでも借り入れしたい場合は、銀行系カードローンと呼ばれる総量規制対象外のローンに申し込むことになります。ただし、配偶者の借り入れに対する同意書などが必要になります。また、借り入れ限度額の設定は、あまり高くないことが多いのです。これは、専業主婦の方が返せなくなってしまったらということを考えて、低い金額での設定となっています。

主婦専用ローンといったものも、見かけるかもしれません。主婦の方が実際に借り入れできる先が、以前に比べて減っているためにどこでも良いから借り入れできれば、と考えてしまう方も少なくありません。しかし、それでは返済の計画をたてることも難しいでしょう。ある程度のお金を借り入れしようと考えているのであれば、きちんとどれぐらいの利息を払い続けて総合計はいくらになるのか、ということを見越して借り入れするようにしなければなりません。

参考サイト:http://お金を借りる専業主婦.net/

Subscribe: Entries | Comments

Copyright © 主婦におすすめのローンとは? 2014